Apple正規店と民間修理店の違いは?メリットデメリットを解説

Apple正規店を利用する場合のメリット、デメリットは?

メリット

 

  • 正規品パーツで修理を行う。
  •  

  • 正規サービスで修理を行う。
  •  

  • Apple+careサービスを利用できる。(加入している場合)

 

簡単にまとめると、正規品を取り扱い、正規のサービスを受けられる安心感が得られます。

 

車に例えると、ディーラーに車検や修理をしてもらうメリットって、ちゃんと直してもらえる安心感ですよね。

 

車の場合は、走行中に不具合が起こると身の危険にさらされる為、どうしても心配になる気持ちがあるので、
修理価格が高くても、しっかりとした整備、サービスを受けたいといった気持ちになると思います。

 

ですので、しっかりと直して欲しい。サービスを受けたい。と思っている方はApple Storeか、Appleが公認しているプロバイダーに修理を依頼するのが良いです。

 

Appleが公認しているサービスプロバイダーって何?

 

サービスプロバイダーとは、

 

 

デメリット

 

  • 修理内容に関わらず修理料金が一律なので割高になりやすい。
  •  

  • データは基本、消去されるのを覚悟する。
  •  

  • 修理後の保証がない。
  •  

  • 修理期間は早くても一週間はかかる。一週間以上になるケースも稀ではない。

 

 

Apple Storeでの修理料金は画面損傷のみ・その他の損傷の2つに分類されます。

 

 

そのため、画面損傷のみで修理できると思っていても、他にも修理箇所がある場合は、問答無用でその他の損傷扱いになるため、思わぬ出費になったりします。

 

また、iphone内のデータは、消去されることを覚悟しましょう。
その為、アップル社は修理に出す場合はバックアップは必須と警告しています。
その理由は、事前にトラブルを回避する為に行われているからです。

 

ですので、データを取り出したいが、画面操作ができない。電源は入るけど、画面真っ黒。などの故障の場合でもデータを値出す方法は残っていますが、iphoneStoreに修理を出すと、ほぼデータは削除されて初期化されます。

 

また、修理期間や受付するまでの時間も思っていたよりもかかるケースもあります。

 

一概には言えませんが、最低でも一週間以上の修理期間は必要だと思っていて下さい。

 

また、修理後保証といったサービスがありませんので、返ってきたiphoneが直っていなかったら、また一から修理を依頼しなくてはいけません。

民間修理店(非正規店)を利用する場合のメリット、デメリットは?

メリット

 

  • 店舗数が多く、アクセスしやすい(持ち込み修理しやすい)
  •  

  • 価格や安い
  •  

  • 修理期間が早い
  •  

  • データが残る場合がほとんど。
  •  

  • 修理内容・経過報告を説明してくれる店が多い。

 

安い、早い、データが残るが、民間修理の特徴。
ですので、特に修理料金で他店と対抗して修理費用が抑えられるといったメリットや、店舗数が正規店よりも多く存在しているため、アクセスしやすく、持ち込み修理の依頼で、すぐにiphoneが手元に戻ってくるメリットもあります。

 

また、基本は修理を依頼した部分のみを修理するため、データが消去されにくいといった特徴もあります。

 

どうしても民間修理点は、Apple正規店よりも信用や安心感が得られませんので、少しでもお客様に安心して修理を任してもらえれるように、修理内容を詳しく説明したり、途中経過を報告してくれる修理店もあります。

デメリット

 

  • 非正規品パーツの使用が基本。
  •  

  • 民間修理店なので、個人情報などのデータ管理がちゃんとしてるか不安。
  •  

  • 修理技術にムラがある。得意不得意の特徴がある。

 

非正規品のパーツを使う事が多く、例えば画面交換の場合、従来よりかは白っぽく反射している。など正規品よりかは品質は落ちている場合が多いです。

 

しかし、人間が気づくようなレベルではなく、誤差の範囲内と考えていて大丈夫でしょう。

 

なぜならば、低品質なパーツばかり扱う修理店が長く営業できるわけがないからです。

 

また、お店によって得意不得意があるのは確かです。

 

画面修理が安くて高品質パーツを取り扱っている。や水没修理の修復率が高いお店など、お店ごとに特徴があります。

 

 

個人情報の取り扱いに関しては、しっかりしているか見極められない場合がありますが、

 

修理業者に出す前に注意するポイントを実行すると未然に防ぐ事ができます。

 

 

民間修理店を利用する場合は、悪徳業者も中には存在しますので不安になりやすいですが、信用できる民間修理業者を選ぶポイントも必要になってきます。

どちらの修理を利用すればお得になる?

基本はApple社の保証期間がある・なしで判断する。

 

間違いなく、Apple社の保証サービスが受けられるなら正規店で修理してもらった方がいいです。

 

なぜならば、価格も安く抑えられていますし、何よりも新品同様の状態まで復元されて修理してもらえるからです。

 

1つデメリットがあるとすれば、手元に戻ってくるまでの時間がかかるといったところです。

 

 

民間修理(非正規店)を選ぶ場合は、修理箇所によって選んでいこう。

 

 

民間修理店には、修理料金が修理箇所によってばらつきがあり、高品質パーツで一番格安で修理できる修理店もあります。
画面修理が人気のお店、水没修理をするならコスパ重視のこのお店。と言った具合にお店ごとに特徴がありますので、しっかりと情報収集してから利用しましょう。

 

当サイトでは、お店ごとに修理パーツごとにおすすめしていますので、是非参考にしてください。

 

 

お得感ばかり追うと危険!

 

民間修理店の中には、悪徳な業者も存在します。

 

ですので、破格な修理料金で利用者を集めている業者は疑いましょう。

 

修理をするにも、ある程度の価格は発生しますので、「これ、安すぎない?」といった疑問を抱くような修理料金を提示してくる業者は注意が必要でしょう。

 

また、バックアップはしなくてよい。などといったうまい謳い文句を話してくる場合も同じです。

 

民間修理では結果として修理後データが残っていたケースが多いのであって、修理前はバックアップ必須です。

 

そして、電波法改正に伴って民間修理業者にiphoneの修理をする際は、「登録修理業者制度」に登録してから修理しましょうね。といった通達がきている。

 

そのため、登録修理業者ではない非正規店で修理を行うと違法になる恐れもある為、注意してもらいたい。

 

 

 

民間修理店(非正規店)を利用するメリットは数多くありますが、注意する点もあります。
気をつけるべき部分を抑えながら、賢くiphone修理をしてくださいね。

 
トップページ 修理業者に出す前に注意するポイント Apple正規店と民間修理店の違いは?